« 子供のけんかのようなSD無線LANの対立:日経エレクトロニクス3/5号より | トップページ | 新・電力システム:日経エレクトロニクス3/5号より »

2012年3月15日 (木)

SONYの認証型コンセントって本当にSONYらしいコンセプトなのだろうか?

 SONYが認証型コンセントを開発した。FeliCaで認証して、電源のON/OFFを制御できるコンセントである。FeliCaは、電子マネーに使っている技術なので、このコンセントを使えば、使った分の電気代を課金できるという仕組みにも使える。今は、モバイル機器用の電源を解放している喫茶店とかでは電源は無料だが、今後は課金できるようになるという。ネットを見ると、割合に好意的なコメントが多い。
 でも、これって本当にSONYらしい製品なんだろうか?そもそも電源に課金したいというのは、電気自動車の充電サービスで既にいろんな提案がなされている。今回のコンセントは、その小型版である。そこにお得意のFeliCa技術を使ってみました、というようにしか見えない。FeliCaは本当に素晴らしい技術である。この素晴らしい技術を、ずっと育ててきたSONYも素晴らしい会社だ。でも、認証型コンセントはSONYの製品ではないような気がする。SONYという会社は、メーカー体質を脱皮し、新しいビジネスモデルにトライできる数少ない日本メーカーだと思っている。FeliCaを使った新しいサービスを発表してくれれば、さすがにSONYだと思えるのだが、コンセントではねえ・・・

« 子供のけんかのようなSD無線LANの対立:日経エレクトロニクス3/5号より | トップページ | 新・電力システム:日経エレクトロニクス3/5号より »

ニュース」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/54229555

この記事へのトラックバック一覧です: SONYの認証型コンセントって本当にSONYらしいコンセプトなのだろうか?:

« 子供のけんかのようなSD無線LANの対立:日経エレクトロニクス3/5号より | トップページ | 新・電力システム:日経エレクトロニクス3/5号より »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ