« 日本でも1クリック特許が成立:日経エレクトロニクス4/16号 | トップページ | CATV契約をハイビジョン契約にしたらCMスキップ機能がきかなくなった »

2012年4月27日 (金)

Interace誌6月号は恒例の基板付属-今回は業界標準のARM社Cortex-M3コア‏

 Interface 2012年 06月号は、今やInterface誌の恒例ともなった基板付属の号である。しかも、今回の基板は、業界標準のARM社Cortex-M3コアのCPUを搭載している。毎回、この基板が付属した号は早く売り切れるようだが、今回も売り切れ必至であろう。
 いつもは、CQ出版のInterface誌の紹介のページでは、詳しい内容がわからないのだが、今回は、今月号および来月号の記事の概要、この付属基板で予定しているEther、SD、USBなどの周辺用拡張基板が紹介されたP.52~55の記事が、そのままPDFファイルでアップされているので、それを参考にすれば、どんな内容かがよくわかると思う。拡張基板だけでなく、付属マイコン基板をJTAGアダプタとして使い、GCCとEclipseで統合開発環境を作るという記事が来月号の掲載されるらしいので、これも注目である。JTAGアダプタとして使う基板を確保するために、もう1冊、本誌を購入しておいておいた方がいいかもしれない。
 さらには、前にも書いたが、Interface 2012年 05月号の特集のシミュレータで、この付属基板がシミュレートできるということなので、このあたりの技術に興味がある人にもお勧めである。
 今までの基板付属の号の中でも、かなり力が入っている。今月号、来月号だけでなく、その後でも、いろんな応用記事が掲載されるここであろう。その度に、特集そのものには興味のない号まで買うはめになるのは不本意ではあるが、今回の特集ばかりは、CQ出版のたくらみに乗せられてしまいそうである。

« 日本でも1クリック特許が成立:日経エレクトロニクス4/16号 | トップページ | CATV契約をハイビジョン契約にしたらCMスキップ機能がきかなくなった »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/54566162

この記事へのトラックバック一覧です: Interace誌6月号は恒例の基板付属-今回は業界標準のARM社Cortex-M3コア‏:

« 日本でも1クリック特許が成立:日経エレクトロニクス4/16号 | トップページ | CATV契約をハイビジョン契約にしたらCMスキップ機能がきかなくなった »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ