« 自宅のPCを買い替えた:かなり安く買えたがCDドライブが今一つ | トップページ | 新しいPCがやっとまともに使えるようになった:キーボードは意外にいい »

2012年4月30日 (月)

PCを買い替えると環境移行に時間がかかる

 自宅の個人用PCの調子がおかしくなって新しいPCへ買い替えたことは前回書いた。Wnidows-7になってからWindows転送ツールが付属して、PCの環境移行も以前ほど手間はかからずに、いろんな設定を見直さないとPCが動かないということはなくなった。とは言っても時間はかかる。
 古いPCも調子が悪いながら、立ち上がるようになったので、USB-HDDへWindows転送ツールを使って古い環境をセーブする。これに大体2時間くらいかかる。新しいPCへWindows転送ツールを使って新しい環境へ移行するのにまた2時間くらいかかる。
 我が家のネット環境は動画を見たりはしないので、昔ながらのADSLと、そこから54Mbpsの無線LANである。Webの閲覧くらいなら何のストレスもないのだが、新しいPCのOSで、Windowsの更新処理をやらせると、これもまた2時間くらいかかる。環境移行と言っても、アプリは再インストールする必要があるので、CDを取り出しては入れて、というのをやっているとこれも2時間くらいかかる。もっとも、ずっとPCの前にいる必要はないが、常時PCを気にしておく必要があると言うことで、丸1日、PCの面倒をみている形である。
 クラウド化がもっと進めば、こうしたファイル類は全てクラウド側になって、どこでも同じ環境で使えるようになるのだろう。これって、昔のシンクライアントのクラウド版である。シンクライアントは結局は普及しなかったが、クラウド化の進化型としては、かなり可能性がありそうだ。とは言え、そういう時代が来ると、我が家のネット環境ももっと高速化しなければいけなくなる。マンションだと、どのプロバイダのプランでもあまり劇的に高速化できそうもないので、今のところ放置している。

« 自宅のPCを買い替えた:かなり安く買えたがCDドライブが今一つ | トップページ | 新しいPCがやっとまともに使えるようになった:キーボードは意外にいい »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/54592868

この記事へのトラックバック一覧です: PCを買い替えると環境移行に時間がかかる:

« 自宅のPCを買い替えた:かなり安く買えたがCDドライブが今一つ | トップページ | 新しいPCがやっとまともに使えるようになった:キーボードは意外にいい »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ