« ブランド戦略のインタービュー本だが、実際には仕事は現場にあることを教えてくれる本:ソニーのふり見て、我がふり直せ。 | トップページ | 下町ロケットの中で描かれた特許裁判:本当に価値のある発明以外は認めないようにできないのか »

2012年4月24日 (火)

情報処理学会誌が売り切れで増刷を出すなんてびっくり

 私は技術者の端くれとして、一応、情報処理学会に所属している。大学院時代に入って、そのままになっているというのが実体で、発表などしたことはないのだが、学会誌の情報処理は愛読している。以前も、情報処理を読んでの感想を書いたことがある。
 この情報処理という学会誌がAmazonで扱われているというのは全く知らなかった。八重洲ブックセンターなどでは売っているというのは知っていたが、Amazonで売っているというのはびっくりである。しかも、情報処理2012年05月号が売り切れてしまって、別刷りで情報処理2012年05月号別刷「《特集》CGMの現在と未来: 初音ミク,ニコニコ動画,ピアプロの切り拓いた世界」を発行したらしい。情報処理学会から来たメールを引用する。

 情報処理分野の研究成果が結実した一つの形ともいえる「初音ミク」が表紙を飾った情報処理学会誌「情報処理」2012年5月号のAmazon販売分が、好評で完売しました。そこで、特集「CGMの現在と未来: 初音ミク、ニコニコ動画、ピアプロの切り拓いた世界」の記事のみを抜き出した別刷(冊子)を購入可能にいたしました。もし周囲に入手を希望している方がいらっしゃいましたら、ご案内ください。表紙も別刷仕様になっております。

 私自身は、この手の技術には全く興味がないので、読み飛ばしていたが、一般的には興味を惹かれる内容なんだと言うことを初めて知った。と同時に、学会誌をAmazonで売ったり別刷りを作るという情報処理学会の柔軟性にも驚いた。

 

« ブランド戦略のインタービュー本だが、実際には仕事は現場にあることを教えてくれる本:ソニーのふり見て、我がふり直せ。 | トップページ | 下町ロケットの中で描かれた特許裁判:本当に価値のある発明以外は認めないようにできないのか »

技術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/54550872

この記事へのトラックバック一覧です: 情報処理学会誌が売り切れで増刷を出すなんてびっくり:

« ブランド戦略のインタービュー本だが、実際には仕事は現場にあることを教えてくれる本:ソニーのふり見て、我がふり直せ。 | トップページ | 下町ロケットの中で描かれた特許裁判:本当に価値のある発明以外は認めないようにできないのか »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ