« 太陽がくしゃみをしたら地球は肺炎になるんだろうなあ:TV番組「宇宙の渚」 | トップページ | 危機意識の差-台風接近ということで定時退社した »

2012年6月18日 (月)

当たり前を見過ごさない:軟骨伝導とグリースの蒸発

 日経エレクトロニクス5/28号の、耳軟骨による音の伝導現象を応用したスマホの角で音を聞く新技術の記事は興味深かった。そもそも、この耳軟骨による音の伝導現象は、耳掃除の時に綿棒などで耳の穴の付近に触れると大きな音がすることから発見された現象らしい。耳の穴までの距離で大きく聞こえるんだろう、と多くの人たちが疑問にも思っていなかった現象を、実は軟骨が音を伝導しているんだ、と気づいたらしい。骨伝導とも異なるメカニズムであるということもわかった。誰もがその原因を突き止めようと思わなかった現象を研究することで応用につながる知見が得られたわけである。
 これと同じような話が、日経ビジネス6/11号にも掲載されていた。コマツの坂根社長の記事である。建機の作業機の関節に当たる部分にはグリースが入っている。そのグリースは数百時間おきに補充することになっていた。動いている間に熱を持ちグリースが蒸発するのでグリースを補充しなければならないと技術者は常識として疑いもしなかったのである。坂根社長はそれに対して、見たのか、と言ったらしい。実際に高感度カメラで観測すると、グリースを封じ込めるシールが口を開いてそこからグリースをはき出していたらしい。蒸発もあるかもしれないが、それよりも大きな量をこれで失っていたのである。そこを改良することで補充する期間が大幅に伸びたというのである。これも、当たり前を思っていたことに疑問をいだいたことが、改良を導いたわけである。
 当たり前として見過ごしていた現象を、見過ごさずに、原理原則に戻って考え直すことの重要性を教えてくれる。

« 太陽がくしゃみをしたら地球は肺炎になるんだろうなあ:TV番組「宇宙の渚」 | トップページ | 危機意識の差-台風接近ということで定時退社した »

技術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/54997051

この記事へのトラックバック一覧です: 当たり前を見過ごさない:軟骨伝導とグリースの蒸発:

« 太陽がくしゃみをしたら地球は肺炎になるんだろうなあ:TV番組「宇宙の渚」 | トップページ | 危機意識の差-台風接近ということで定時退社した »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ