« 技術者にとっての語彙:これも教養の一つ | トップページ | 公差のノウハウのない現場が増えているとは-現場との関係が切れているのだろう »

2012年6月14日 (木)

今月のトランジスタ技術は部品の特集:売れ筋という定番部品

 トランジスタ技術 2012年 07月号の特集は部品である。ハードウエア設計において、定番の部品を使って設計するというのは重要なことである。使いやすく品質もよく値段も安いからだ。新しい機能を実現するために、定番の部品ではできないときに限って新規部品を使うべきであろう。でも、実際には、その部品のファーストユーザーになるというのは勇気がいるものである。部品そのものの設計が悪いということがあるからだ。というか、最近の高機能の部品には必ず問題があると思った方がいい。
 でも、技術進歩の激しい時代には、定番ができる前に新らしいものが出てくる。そんな時代でも、技術者達の勘と経験で、よく使われ売れ筋となっている部品がある。売れ筋こそが、現代の定番というわけだろう。その売れ筋の部品を特集するというのが本号の特集である。電源IC、OPアンプ、センサ、マイコンと4つの分野で、それぞれ売れ筋を紹介してあり、実際の設計で参考になるであろう。

« 技術者にとっての語彙:これも教養の一つ | トップページ | 公差のノウハウのない現場が増えているとは-現場との関係が切れているのだろう »

技術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/54960754

この記事へのトラックバック一覧です: 今月のトランジスタ技術は部品の特集:売れ筋という定番部品:

« 技術者にとっての語彙:これも教養の一つ | トップページ | 公差のノウハウのない現場が増えているとは-現場との関係が切れているのだろう »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ