« Interface7月号はFM3マイコンの周辺回路編-シリアルについてはもう少し詳しい解説が欲しかった | トップページ | 単身赴任者の日曜日の憂鬱-月曜早朝移動はつらい »

2012年6月 2日 (土)

Interfece7月号でもQEMUの紹介記事:シミュレータは組み込み開発で実用になるのか?

 前回Interface 2012年 07月号について書いた。この号で驚いたことがある。またオープンソフトウエアのエミュレータソフトQEMUの記事があったのである。
 前に書いたがInterface 2012年 05月号でCPUシミュレータの特集という、あまり売れそうもない特集をやった。この時に、翌月号のInterface 2012年 06月号で付属するFM3マイコンのエミュレーションをQEMUでやるという記事もあった。
 これでCPUシミュレータの話は終わりかと思ったら、周辺回路を追加するという記事が7月号にも載っていた。CPUエミュレータの技術はかなり使われているのは確かだ。昔のPCやゲーム機のエミュレータは、いろいろ開発されている。PCの性能が向上したので実用的な実行速度でエミュレーションできるようになったからであろう。
 でも、組み込み開発で使えるかは難しいところがある。周辺回路の記述が難しいからだ。しかも、製品ごとに変わったりするので、周辺回路の記述は再利用できなかったりする。少なくとも、私の現場では、当面使いものにはなりそうもない。

« Interface7月号はFM3マイコンの周辺回路編-シリアルについてはもう少し詳しい解説が欲しかった | トップページ | 単身赴任者の日曜日の憂鬱-月曜早朝移動はつらい »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/54855541

この記事へのトラックバック一覧です: Interfece7月号でもQEMUの紹介記事:シミュレータは組み込み開発で実用になるのか?:

« Interface7月号はFM3マイコンの周辺回路編-シリアルについてはもう少し詳しい解説が欲しかった | トップページ | 単身赴任者の日曜日の憂鬱-月曜早朝移動はつらい »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ