« 早朝移動は仕事の効率も落ちる | トップページ | 個人情報を用いたサービスがそんなに素晴らしいサービスなのだろうか?:日経エレクトロニクス5/28号より »

2012年6月 5日 (火)

6/6からWorld IPv6 Launchが始まる

 ネットワーク技術者の端くれとして、IPv6の動向には興味がある。プロトコルスタック自体は随分昔から準備していたにもかかわらず、商品には搭載してくれず、いつまでたっても実験レベルの状態が続いていた。
 昨年はWorld IPv6 Dayがあり、v6への移行への出発点にしたいものだという感想を書いた。でも、v4アドレス枯渇時代の今でもあまり盛り上がっていない。
 さて、6/6からはWorld IPv6 Launchが始まる。日経NETWORKの記事「6月6日に始まる「World IPv6 Launch」で何が変わるのか 」によれば、World IPv6 Dayは世界のWebサイトが24時間限定でIPv6に“一時的に対応”する実験的なイベントだったのに対し、World IPv6 Launchでは世界の大手通信事業者、ネットワーク機器ベンダー、コンテンツ事業者などが、この日以降IPv6に“ずっと対応”することになる、らしい。
 つまり明日を機に、本格的なv6対応時代が始まるのである。もっとも、端末側がv6に変わっていかないと結局は変わらない。しかも、世界の大手通信事業者、ネットワーク機器ベンダー、コンテンツ事業者などが、この日以降IPv6に“ずっと対応”すると言っても、v4にも対応するので、これがv6への起爆材になるかどうかは微妙なところだ。
 でも、v4アドレス枯渇といういわば渇水状態にあって、すぐそばに新しい水源があるのに、そこが少し遠いからといって今のまま動かずにいると、ほんとに脱水状態になりかねない。早くv6へ移行したいものだ。

« 早朝移動は仕事の効率も落ちる | トップページ | 個人情報を用いたサービスがそんなに素晴らしいサービスなのだろうか?:日経エレクトロニクス5/28号より »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/54884044

この記事へのトラックバック一覧です: 6/6からWorld IPv6 Launchが始まる:

« 早朝移動は仕事の効率も落ちる | トップページ | 個人情報を用いたサービスがそんなに素晴らしいサービスなのだろうか?:日経エレクトロニクス5/28号より »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ