« ついに車載でもEthernetを使う時代になったのか:昔のEthernetとはかなり異なるが・・・ | トップページ | PCゲーム「太平洋戦記3」の現時点での戦績 »

2012年7月 7日 (土)

仕事におけるオフィスの位置づけを考えさせられたシスコの講演:IT Japanより

 IT Japanという催し物があって、日本総合研究所理事長の寺島実郎氏の講演を聞いたという話は前に書いた
 その翌日にあったシスコシステムズの平井康文社長の講演も面白かったので、今回はその感想を書いてみたい。「これからの組織は“野球型”から“サッカー型”へ」という話は以前から言われていることで、ホワイトカラーの仕事の質の向上には必要な考え方である。ただ、その中で、オフィスというのは何らかのコミュニケーションがなければ意味がない、というちょっとした発言に少し考えさせられた。
 たしかに、PCとネットワークの進歩により、一人で黙々とやればいい仕事は、何もオフィスでやることはない。それこそ、場合によっては、インドなどにアウトソーシングできるのかもしれない。オフィスというのはコミュニケーションの場である。人と接触することでアイデアが生まれ育っていくのであろう。そういう意味では、会社に出てきて、黙々とPCの前で仕事をして、隣の人間にもメールするという仕事のスタイルに、オフィスは必要ないのかもしれない。
 講演では、高解像度のTV会議の話をさかんにしていたが、確かにこれは一つの手段だ。TV会議が普及すれば、オフィスに出てくる必要はなくなる。
 でも、そうはいかないとも思う。場の共有ということがあるからだ。コミュニケーションを、議論の必要な時だけに限定すれば、TV会議で十分で、今や家庭にもブロードバンドとHD解像度のPCはあるので在宅勤務で十分と言う話になりがちだが、場の共有だけは難しい。仕事以外の部分も含め、一旦ある程度一緒に場を共有したことのある人間となら、TV会議だけで実際に会わなくても仕事できるが、そうでなければ意外に難しい。同じ空間を共有するということに、何かあるのだろう。ここも究明できれば、もっと在宅勤務が広がっていくだろう。

« ついに車載でもEthernetを使う時代になったのか:昔のEthernetとはかなり異なるが・・・ | トップページ | PCゲーム「太平洋戦記3」の現時点での戦績 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

マネジメント」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/55138484

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事におけるオフィスの位置づけを考えさせられたシスコの講演:IT Japanより:

« ついに車載でもEthernetを使う時代になったのか:昔のEthernetとはかなり異なるが・・・ | トップページ | PCゲーム「太平洋戦記3」の現時点での戦績 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ