« 理性の限界:久しぶりに知的刺激を受けた本 | トップページ | ついに車載でもEthernetを使う時代になったのか:昔のEthernetとはかなり異なるが・・・ »

2012年7月 5日 (木)

時代を大きく理解する:IT JAPANでの寺島実郎氏の講演

 IT Japanという催し物があって、出席した。ゲストスピーカがかなり豪華なので、いつも楽しみにしている。今回は、日本総合研究所理事長の寺島実郎氏の講演であった。
 この講演の中で、一番感心したのは時代を大きく理解した発言である。世界は、かつては、資本主義国家と社会主義国家の二極であった。そのあと、米国が唯一の超大国になった。ところが、これは長続きせず、BRICsという言葉が出てきたときに多極化というとこになった。今や無極化である。
 でも、この無極化をどうとらえるかというと実はネットワーク構造でとらえるべきらしい。たとえば、中国単独で捉えるのではなく、大中華圏ということで、中国、台湾、香港、シンガポールというネットワークで考えるとどうなるか、などを具体的に語っていた。
 氏の言っていることが正しいかどうかはわからない。でも、時代というのは、こういうように大きく理解することが重要だと言うことを教わった気がした。

« 理性の限界:久しぶりに知的刺激を受けた本 | トップページ | ついに車載でもEthernetを使う時代になったのか:昔のEthernetとはかなり異なるが・・・ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/55121303

この記事へのトラックバック一覧です: 時代を大きく理解する:IT JAPANでの寺島実郎氏の講演:

« 理性の限界:久しぶりに知的刺激を受けた本 | トップページ | ついに車載でもEthernetを使う時代になったのか:昔のEthernetとはかなり異なるが・・・ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ