« 大阪の連日の暑さで、疲れがたまる | トップページ | 呉に行ってきました:護衛艦の一般公開は必見 »

2012年7月27日 (金)

継続だけでは力にならない:PDCAが重要

 継続は力なり、という言葉を知ったのは、高校生の時であった。旺文社が大学受験ラジオ講座という1時間番組をやっていて、そのテキストに書かれていたのである。家が貧乏だった関係で、ラジオ講座くらいしか勉強の手段がなかったので、夜の12時すぎから始まる番組を1年間聞いて、予習/復習をして、本当にマジメに継続したおかげで志望校へ入ることができた。それ以来、「継続は力なり」という言葉を信じている。
 でも、最近、「継続だけでは力にならない」という言い方をしている。自分の例で言えば、英語である。英語は、努力が実力に反映されていないという実情は前にも書いた。でも、もっと典型的な例がある。「字」である。これなんかは、毎日書いている。そしてうまくなりたいとも思っている。でも、全く進歩しない。継続していても力にならないのである。
 その原因の一つは、生まれつきのもの、であろう。全てが努力で何とかなるものではない。ただ、同時通訳者になりたいとか、書道家になりたい、とかのレベルでなく、少し英会話ができるようになりたいとか、小学生の書いた字と間違われない程度の字を書きたい、とかのレベルであれば、生まれつきの才能は不要だろう。
 たぶん、PDCAが不足しているのである。英語は、勉強だけしても、実際に会話して、そこで鍛えないと意味がない。字だって、本当に練習したければ、添削してくれるところで習う必要がある。
 つまり、成長のためのPDCAを回せるような継続でないと意味がないのである。思い起こせば、受験勉強というのは、勉強した後で必ず問題を解き、答え合わせをし、間違ったところを再度勉強し、というPDCAの繰り返しであった。つまり、単に継続するだけでなく、PDCAを継続することで力になったのである。当たり前のことだが、意外に見落としがちなので、自戒の意味で「継続は力なり。ただし継続だけでは力にならない。」というように自分なりにアレンジして、どう継続するかを考えるようにしている。

« 大阪の連日の暑さで、疲れがたまる | トップページ | 呉に行ってきました:護衛艦の一般公開は必見 »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/55232993

この記事へのトラックバック一覧です: 継続だけでは力にならない:PDCAが重要:

« 大阪の連日の暑さで、疲れがたまる | トップページ | 呉に行ってきました:護衛艦の一般公開は必見 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ