« 計画停電に備える:準備したもの | トップページ | 関電の「節電のお願い」というパンフレットが腹立たしい:本当は東電の責任だが関電も東電も区別つかない »

2012年7月 2日 (月)

防災に備える:計画停電対策のついでに買ったもの

 前回、計画停電に備えて、準備したもにについて、少し書いた。今回は、そのついでに、防災に備えて買ったものについて少し紹介したい。
 まずは、水である。計画停電の場合は、事前に水のくみ置きができるが、防災の場合はそうではない。自宅では、ミネラルウォーター6本入りのケースを3ケース常備している。単身アパートでは、どうしようかと思ったが、6本入りは置く場所がない。しかたないので、1本だけ買っておくことにした。調べてみると、2~3年は保つみたいので、2~3年に1回、買い替えればいい。1人ものだから、なんとかなるだろう。本当は、被災時に、水をもらいにいくための水缶も必要で、自宅では用意しているが、単身アパートでは、これも場所の問題で用意できていない。ペットボトルに入れて持って帰るしかない。まあ、20lとかの容器があっても、自宅には自転車もないので、そもそも持ち運ぶ手段がない。
 次に重要なのが、トイレだ。アパートでは停電すれば水が止まる。飲み水は、防災拠点ができれば配給があるが、トイレに流すだけの水はない。小はなんとかなっても、大の処理は問題だ。ということで、簡易トイレ強力凝固・消臭剤を購入した。これは、大を凝固させ、あとでゴミで捨てられるようにしたものだ。とりあえず、上下水道が普及するまでは、これでしのぐしかない。
 単身赴任者としては、家族と離れているので、連絡手段は携帯しかない。充電できなくなったら、消息も伝えられないので、一応、電池で携帯を充電できる器具も買った。これは、買ってから一度も使っていないので本当に使いものになるのかは不明だ。
 最後に、食べ物。これは、前にも書いたことがあるが、防災キットによく入っている乾パンは食べられたものではない。私のおすすめはリッツ保存缶だ。自宅では、これの大きいものを買って置いてあるが、単身アパートではこの大きさで十分だと思う。

« 計画停電に備える:準備したもの | トップページ | 関電の「節電のお願い」というパンフレットが腹立たしい:本当は東電の責任だが関電も東電も区別つかない »

単身赴任」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/55091648

この記事へのトラックバック一覧です: 防災に備える:計画停電対策のついでに買ったもの:

« 計画停電に備える:準備したもの | トップページ | 関電の「節電のお願い」というパンフレットが腹立たしい:本当は東電の責任だが関電も東電も区別つかない »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ