« 戦術的拠点を抑える:PCゲーム「太平洋戦記3」より | トップページ | 今年も暑い時に健康診断があった »

2012年7月17日 (火)

セキュリティ関連の実装は今後の組み込みのキー技術になってしまっている

 組み込み機器開発をやっていて、大変なことの一つがセキュリティ対策である。顧客に提供する機能開発ならともかく、不心得者が多いが故の対策費、ということで、仕方なくやっているというのが実態である。しかし、この仕方なくやるために必要な技術力、工数、開発費は、仕方なくやっているというレベルをはるかに超えている。
 何よりも、全てで合格点でなければ、不合格のところがセキュリティホールになるというやっかいさがセキュリティにはある、ということは、以前も書いたことがある。
 このあたりの、現場から見たセキュリティのやっかいさをまとめた記事があった。「セキュリティ実装で重みが増す"LSI全体アーキテクチャ設計"」という記事だ。題名だけ見るとLSI設計の話で、ソフト屋には関係のない話か、と思ってしまうがそうではない。記事の冒頭、「ソフトウェア実装にも,あるいはネットワーク・システムにも共通する課題ばかりです。」と明記されているが、その通りで、現場の開発者だからこその視点もあって、現場の開発者にとってのセキュリティとは何かがよくわかる構成になっている。少し長い記事だが、そうだ、そうだと思いながら読んだ。
 技術だけでは解決できない最も技術的な課題の一つがセキュリティだ。

« 戦術的拠点を抑える:PCゲーム「太平洋戦記3」より | トップページ | 今年も暑い時に健康診断があった »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/55218459

この記事へのトラックバック一覧です: セキュリティ関連の実装は今後の組み込みのキー技術になってしまっている:

« 戦術的拠点を抑える:PCゲーム「太平洋戦記3」より | トップページ | 今年も暑い時に健康診断があった »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ