« わずか50行のソフトでネットワークにつながると言っても:最近のInterface誌の記事は安直すぎないか? | トップページ | サイボーグ009で思い出したSF »

2012年8月21日 (火)

雑誌penがサイボーグ009を特集

 欲しい本は、大抵Amazonで買える時代になった。でもAmazonで買ったことのない種類の本はAmazonではリコメンドしてくれないので、週に1回は本屋へ行くようにしているということは、何度か書いたことがある。
 今回も書店をうろうろしていたら、Pen 2012年 9/1号を見つけた。いつもは買わない雑誌だが、なんと石ノ森章太郎のサイボーグ009を特集しているのである。630円の雑誌なので、中身もあまり見ずに買ったが、なかなか面白かった。
 一応、単行本に収録された作品は全て読んでいるし、今でも001から009まで、全員の名前も覚えている程度のファンではある。この雑誌を読んで完結編の小説が出ることと、新たな劇場版(絵を見る限り好きになれそうもないが)が公開されることと、サイボーグ009の構想の原点に作者の世界一周旅行の経験がからんでいたということを知った。絵も満載で、サイボーグ009がらみの年表も掲載されていて、長年のファンとしては、630円は安かったと思った。

« わずか50行のソフトでネットワークにつながると言っても:最近のInterface誌の記事は安直すぎないか? | トップページ | サイボーグ009で思い出したSF »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/55470594

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌penがサイボーグ009を特集:

« わずか50行のソフトでネットワークにつながると言っても:最近のInterface誌の記事は安直すぎないか? | トップページ | サイボーグ009で思い出したSF »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ