« 中年にとっての青春18きっぷの使い勝手:電車よりも夏の暑さが大敵 | トップページ | 情報処理誌の「京」特集は面白い:なぜ科学技術計算でスーパーコンピュータが必要か »

2012年8月 6日 (月)

軽井沢へ自動車で行ってきました:それほど混雑していなかった

 8/4(土)、5(日)と、妻と軽井沢へ行ってきた。もちろん、別荘などあるわけもなく、安い旅館に1泊2日である。軽井沢の観光地としての魅力はいろいろ語られているので、自動車の混雑度について書いてみたい。
 まず、駐車場だが、基本は旧軽井沢をブラブラすることと、軽井沢プリンスショッピングプラザ(軽井沢アウトレットモール)へ行くことだったので、自動車は軽井沢プリンスショッピングプラザに駐車することにした。最初の2時間が300円、あとは1時間100円なので、大した料金にはならない。ただ、事前にネットを調べていると、夏はかなり混雑するというので、8:00すぎに到着するという計画にした。実際に8:00すぎに到着したのだが、その時点で駐車場には数台しか駐車していなかった。開店の10:00すぎでも、駅から少し離れた駐車場スペースは空いていた。
 東京から軽井沢へは、関越自動車道と上越自動車道を乗り継ぐのだが、渋滞には全く出会わさず、順調にドライブできた。途中の渋滞情報では、中央自動車道はこの時間帯で既に渋滞だったようだ。
 軽井沢プリンスショッピングプラザへの最寄りのI.C.は碓井軽井沢なのだが、混雑時には1つ前のI.Cで降りろと案内には書いてあるが、上記の時間帯は、碓井軽井沢で降りて楽々であった。
 軽井沢8:00すぎというのは、少し早すぎで、9:00すぎくらいに着いて、どこかでモーニングを食べて、観光するのがいいように思う。ただ、1時間遅く出ると、到着は2時間遅れたりするのが夏休みの自動車での旅行の常である。基本は、早すぎるという時間に動くことであろう。

« 中年にとっての青春18きっぷの使い勝手:電車よりも夏の暑さが大敵 | トップページ | 情報処理誌の「京」特集は面白い:なぜ科学技術計算でスーパーコンピュータが必要か »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軽井沢へ自動車で行ってきました:それほど混雑していなかった:

« 中年にとっての青春18きっぷの使い勝手:電車よりも夏の暑さが大敵 | トップページ | 情報処理誌の「京」特集は面白い:なぜ科学技術計算でスーパーコンピュータが必要か »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ