« 電子書籍Koboが本屋で展示されていた:客はあまり興味なさそうだった | トップページ | B787のシート配置が3-3-3に変わっていた »

2012年8月26日 (日)

現時点における紙の本と電子書籍との使い分け:サイトの使い勝手の悪さ

 前回に引き続き電子書籍の話について書く。現時点では、電子書籍はサブであり、紙の本の方が読むことは圧倒的に多い。
 電子書籍と紙の本の使い分けについては前も書いたことがある。そこで書いたことは、今でもその通りだと思っている。ただ、少し優先順位が変わっていて、電子書籍は活躍する場が限られている。少なくとも家では電子書籍は読まない。
 私はある種の活字中毒なので、電車や飛行機に乗っているときに本が読めないのは嫌である。遠距離の出張とか旅行とかになると、時間があるので、大量の本を持って歩く必要が出てくる。この時に、電子書籍が活躍する。事前に数冊の本をダウンロードしておいて、読むのである。
 ただ、この際には、今のところシリーズものを持っていくということにしている。旅の読書にはシリーズものが似合うというわけではない。電子書籍のサイトが使いにくいだけだ。いろんな本を選んで入れるのに時間がかかるのである。旅の前の準備をしている時に、使い勝手の悪いサイトで時間をつぶしたくないのである。
 Amazonはその点、一日の長がある。しかもAmazonだと、読みたい本は絶版でない限り必ず入手できるので、探す気も起きる。電子書籍は、探してもないことの方が多いので、あまり探す気になれない。あくまで、さぶでしかない大きな理由の一つである。

« 電子書籍Koboが本屋で展示されていた:客はあまり興味なさそうだった | トップページ | B787のシート配置が3-3-3に変わっていた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/55509011

この記事へのトラックバック一覧です: 現時点における紙の本と電子書籍との使い分け:サイトの使い勝手の悪さ:

« 電子書籍Koboが本屋で展示されていた:客はあまり興味なさそうだった | トップページ | B787のシート配置が3-3-3に変わっていた »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ