« 株の誤発注を生んだソースコードが公開:日経コンピュータ8/30号 | トップページ | 単身アパートのガスが止まった:メーター横のリセットスイッチを押したら復旧した »

2012年9月 1日 (土)

弱冷車で扇子を使うバカ:なぜ周囲の状況を考えられないのか

 夏の電車には弱冷車が用意されている。温度設定は電車によって異なるのだと思うが、通常の車両よりも2度程度設定温度が高い車両が多いようだ。私は、冷房に弱いので、基本的には弱冷車に乗るようにしている。
 ところが、この弱冷車で、扇子を使うバカがいるのである。扇子を使うということは暑いのだろう。暑ければ、弱冷車ではなく、通常の車両に移れば良いのである。そこでも暑ければ扇子を使えば良い。扇子というのは自分だけではなく隣の人間にも風がいく。弱冷車に乗っている他人にとって、この扇子の風は不愉快だ。
 なぜこんなことになるのかは予想はつく。夏の盛りには弱冷車は不人気なので、少し車両が空いているのである。なので、そのバカは座りたいから弱冷車に乗るのだろうと思う。それは別にそのバカの勝手である。でも、そこで自分が暑いからと扇子を使うのは、弱冷車に乗っている他人の迷惑になることに頭が及ばないのだろう。本当にバカである。
 世の中には、こうしたバカな行為が多い。先日も、会社の図書の閲覧室で打ち合わせをしているバカがいた。たぶん、会議室が埋まっているので、座れるところをさがして来たのだろう。でも、図書の閲覧室というのは、どう考えても、静かに本を読む場所である。そもそも自分たちが周りから浮いていることに気づかないのだろうか?
 他人のこうしたバカな行為はすぐに目に付くが、自分でも知らず知らずにいろんなことをやっているに違いない。自戒したい。

« 株の誤発注を生んだソースコードが公開:日経コンピュータ8/30号 | トップページ | 単身アパートのガスが止まった:メーター横のリセットスイッチを押したら復旧した »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/55552975

この記事へのトラックバック一覧です: 弱冷車で扇子を使うバカ:なぜ周囲の状況を考えられないのか:

« 株の誤発注を生んだソースコードが公開:日経コンピュータ8/30号 | トップページ | 単身アパートのガスが止まった:メーター横のリセットスイッチを押したら復旧した »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ