« 面白くない日本の家電という指摘-試行錯誤の必要性 | トップページ | 旅博へ行ってきました-さすがに世界にはいろんなところがある »

2012年9月22日 (土)

UAのマイレージのルールが変わっていたとは知らなかった

 UAのマイレージは20年くらい前に入ってそのままそれを継続している。当時、国内便は料金が高く、東京-大阪間の料金が新幹線に比べてかなり高価でとてもじゃないけど使える状況ではなかった。ということで、飛行機というのは国内便よりも年に数回の国際便の方が乗る回数が多い時期があり、ANAに乗ってもUAのマイレージに加算していた。UAは、たまに乗ればマイルが執行することがないというのもいいことであった。
 そのまま、米国へいくこともほとんどなくなり、東京-大阪の料金が時間帯によっては特割などの割引料金を使えば新幹線よりも安くなるくらいになって、ほとんどANAしか使わなくても、今までの惰性でUAのマイレージを使っていた。
 昨年はあまり飛行機を利用しなかったので、プレミア資格がシルバーだった。でも、今年はかなりの回数乗っているので、そろそろゴールドの資格のはずなのだが、そうなっていない。ホームページをよくみると、ルールが変わっているのである。引用する。

※2012年1月1日よりプレミア資格をご獲得いただくには、一暦年中にユナイテッド(コンチネンタルを含む)、コパまたはコパコロンビアを加算対象運賃にて、少なくとも4便ご利用いただく必要があります。

 マイルが貯まっていても、UAをお金を使って乗らないとプレミア資格はあげないよ、といういことだ。ANAばっかり乗っていたので資格がないのである。
 私は、別にマイレージをどう貯めるかとかにほとんど関心はない。空港にはぎりぎりに行くのでラウンジもほとんど利用しない。でも優先搭乗は魅力なので、せっかくせっせと乗ったのにプレミア資格にならないのはがっかりだ。当面、年4回以上UAに乗ることもなさそうなので、20年ほど浮気せずに続けていたUAからANAのマイレージに切り替えようと思っている。

« 面白くない日本の家電という指摘-試行錯誤の必要性 | トップページ | 旅博へ行ってきました-さすがに世界にはいろんなところがある »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/55715312

この記事へのトラックバック一覧です: UAのマイレージのルールが変わっていたとは知らなかった:

» 技術士とは [士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役]
◇技術士とは◇技術士とは「高度な専門知識を持つ技術者」として、文部科学省が管轄している国家資格です。産業界でのこの技術士の称号は、学術界での「博士号」に該当すると言われており、科学技術の応用面に従事する技術者にとっては、もっとも権威がある国家資格です。技術士は、科学技術の高度な専門の応用力を必要とするため、機械、船舶・海洋、航空・宇宙、電気電子、化学、繊維、金属、資源工学、建設、上下水道、衛生工学、農業、森林、水産、経営工学、情報工学、応用理学、生物工学、環境、原子力・放射線..... [続きを読む]

« 面白くない日本の家電という指摘-試行錯誤の必要性 | トップページ | 旅博へ行ってきました-さすがに世界にはいろんなところがある »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ