« 単身赴任の健康管理:不覚にも体調を崩してしまった | トップページ | 適正技術という考え方 »

2012年10月 9日 (火)

羽田-伊丹便でボランティア募集していた

 昨日は、三連休の最終日ということで、羽田空港はかなり混雑していた。私も明日の朝からの仕事に備え、自宅から大阪へ移動するために昼から羽田空港へ移動した。
 羽田-伊丹発は満席であった。しかも、数人のボランティア募集をしていた。次の便へ移ってくれる人を募集していたのである。オーバーブッキングでもあったのだろうか?
 私もかなり昔、米国へ行くときにUAでボランティアに応募したことがある。成田-サンフランシスコ便がオーバーブッキングだったのだ。私はサンフランシスコからの経由で違う場所へ行く予定であった。係員が、ロサンジェルス経由へ変更してくれないか、という。到着時間はほとんど変わらないし、ビジネスクラスへアップグレードする、というので、OKした。私の人生で1回だけのビジネスクラス体験である。
 それ以外にも、UA便は何度もオーバーブッキングによるボランティア募集に出会ったが、出張なので時間の関係で応募することはなかった。
 旅行会社で便を予約する時代から、Web予約が主流になって、オーバーブッキングそのものを見ることはなかった。何か手違いでもあったのだあろうが、本当に久しぶりに見る光景であった。オーバーブッキングという言葉も死語になったと思っていた。

« 単身赴任の健康管理:不覚にも体調を崩してしまった | トップページ | 適正技術という考え方 »

単身赴任」カテゴリの記事

東京と大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/55846588

この記事へのトラックバック一覧です: 羽田-伊丹便でボランティア募集していた:

« 単身赴任の健康管理:不覚にも体調を崩してしまった | トップページ | 適正技術という考え方 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ