« 単身赴任の買い物事情(その6):割引の日はうんざり | トップページ | Interface12月号はARM基板の特集:いろんなI/O制御手段を紹介している切り口が新しい »

2012年10月31日 (水)

米国のハリケーン:やはり自然には勝てない

 米国のハリケーンの被害がすごい。カテリーナほどではないにしても、「サンディ」で死者50人、820万世帯停電というのは被害が大きい。これだけの大規模停電になると、副次的な被害も出てくるだろうし、すぐには復旧できないだろう。
 自然災害では、地震が一番被害が大きいとは思うが、台風もかなりのものである。どちらにせよ、自然の力はすごいということを感じてしまう。
 サンディ、5段階で一番下…巨大化した理由はという記事によると、このサンディはもともと、ハリケーンとしてはそれほど強くなく、米国立ハリケーン・センターの5段階の分類では一番下のカテゴリー1だったというのがまたびっくりである。途中でどんどん巨大化してしまったらしい。台風の場合、途中で大きくなるというのは聞いたことがないが、ハリケーンというのは巨大化もするのだということを初めて知った。
 何か自然災害が起きると、停電とか断水とかが起きる。都市インフラに頼り切っている我々にとって、何か起きうると本当に途方に暮れるしかない。

« 単身赴任の買い物事情(その6):割引の日はうんざり | トップページ | Interface12月号はARM基板の特集:いろんなI/O制御手段を紹介している切り口が新しい »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/56013342

この記事へのトラックバック一覧です: 米国のハリケーン:やはり自然には勝てない:

« 単身赴任の買い物事情(その6):割引の日はうんざり | トップページ | Interface12月号はARM基板の特集:いろんなI/O制御手段を紹介している切り口が新しい »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ