« 涼しくなってきているのにアイスコーヒーを飲んでいる;アイスコーヒーの豆でホットはおいしくない | トップページ | 開発の現場から:組み込みにおけるシリアル通信の重要性 »

2012年10月23日 (火)

地震予知失敗でイタリアの専門家が禁錮6年:いくら何でもひどすぎる

 地震予知失敗でイタリアの専門家が禁錮6年というニュースを知って唖然とした。こんなひどい話があるんだろうか?300人以上が死亡した2009年4月のイタリア中部ラクイラ震災で、前兆とみられる微震が続いたにもかかわらず住民への適切な警告を怠ったとして、伊政府の防災諮問機関に属した専門家と政府担当者の7人が過失致死罪などに問われたということだが、さすがに刑事罰に問われるような話では内だろう。
 警告できなかったことは、確かに専門家として本来あるべき行動だったかどうかはわからない。でも、それは、職務能力不足として、解雇すればいいことで、刑事罰にするような話ではない。
 何でも罰すればいいという風潮はうんざりする。今回の件も、予知できなかったのなら、なぜ予知できなかったのかを、学問上の課題、それに従事していた専門家の能力など、いくつかの視点で見直し、改善を図るべきだ。
 もっとありえる話としては、危ないと思っていたが、そんなことを公表して大騒ぎになった後で、何も起きなかったら非難されるので黙っていた、という場合だ。この場合でも、そんな保身行為がなぜ発生するのかを原因究明し、それを改善すべきであろう。
 今回の刑事罰で、地震予知が正しくできるようになればいいのだが、そうなるようには思えない。何も改善されないのなら、何のための判決なのだろう?

« 涼しくなってきているのにアイスコーヒーを飲んでいる;アイスコーヒーの豆でホットはおいしくない | トップページ | 開発の現場から:組み込みにおけるシリアル通信の重要性 »

ニュース」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/55956541

この記事へのトラックバック一覧です: 地震予知失敗でイタリアの専門家が禁錮6年:いくら何でもひどすぎる:

« 涼しくなってきているのにアイスコーヒーを飲んでいる;アイスコーヒーの豆でホットはおいしくない | トップページ | 開発の現場から:組み込みにおけるシリアル通信の重要性 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ