« カプチーノにQRコード:QRコードの応用範囲の広さには驚かされる | トップページ | 歯科の定期検診の歯石取りは疲れる »

2012年12月18日 (火)

標的型攻撃は結局防ぎきれない-実世界でも同じ事か

 ITの世界ではセキュリティが非常に重要な技術になっている。IT技術の後を追う形で組み込み技術でもセキュリティ実装が重要になってきているという話は以前も書いたことがある。
 このあたりの技術は、実際にはイタチごっこになる。実際、ITの世界では標的型攻撃を受けると防ぎきれない、ということのようだ。日経システム7月号の記事では、標的型攻撃は防ぎきれないので出口対策が重要という記事が載っていた。マルウエアの侵入・感染を防ぐ入り口対策をどれだけがんばっても、結局は防ぎきれない。なので、感染後の情報漏洩をいかに防ぐかとい出口対策が重要だという。
 こう言われてみればそうかもしれない。実生活だって、泥棒を防ぐための鍵を頑張っても、本気で狙ってこられたら絶対に防ぎようはない。その時のために、印鑑と通帳は別々の場所に保管することが重要というのと同じ事なのだろう。

« カプチーノにQRコード:QRコードの応用範囲の広さには驚かされる | トップページ | 歯科の定期検診の歯石取りは疲れる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/56346478

この記事へのトラックバック一覧です: 標的型攻撃は結局防ぎきれない-実世界でも同じ事か:

« カプチーノにQRコード:QRコードの応用範囲の広さには驚かされる | トップページ | 歯科の定期検診の歯石取りは疲れる »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ