« Interface1月号の特集は人間センシング-センシング技術の解説が興味深い | トップページ | 社風とは半径5メートルのこと:就活本より »

2012年12月 4日 (火)

人ごとではない中央自動車道の事故:いつも帰省ルートに使っていたのに

 中央自動車道のトンネルの事故のニュースには本当にびっくりした。本当に何度も車で通っているところだからだ。あのトンネルは結構長いトンネルである。事故したら逃げるのが大変だろうな、と思ったことはあっても、まさか天井が崩落するなんていうことがあるとは思わなかった。
 子供が小さい頃は、ぶどう狩りとか、旅行とかでかなり使った道路だ。子供が大きくなった今でも、千葉の自宅から大阪の実家まで自動車で帰省する帰省ルートとして使っている。東名高速道路の方が道は良いし、景色もいいし、SAの設備も整っているのだが、中央自動車道の方があまり渋滞しないのだ。雪が降らない限り、大抵の場合は中央自動車道を通っていたのだが、今年の年末の帰省までには、上りの復旧は間に合わないのだろうと思う。たぶん、この影響で東名高速道路も混雑するだろう。今年は新幹線で帰省することもオプションに入れておかないといけない。

« Interface1月号の特集は人間センシング-センシング技術の解説が興味深い | トップページ | 社風とは半径5メートルのこと:就活本より »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/56252169

この記事へのトラックバック一覧です: 人ごとではない中央自動車道の事故:いつも帰省ルートに使っていたのに:

« Interface1月号の特集は人間センシング-センシング技術の解説が興味深い | トップページ | 社風とは半径5メートルのこと:就活本より »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ