« プログラムマネジメントという考え方 | トップページ | 単身赴任の不便さ:何でも2つ揃えるわけにはいかない »

2013年1月19日 (土)

予約していた東京-大阪便が欠航になってしまった

 東京-大阪間の移動は、基本的には飛行機を使うようにしている。B787もその移動で乗ったことがあり、以前書いたことがある。787は確かに快適なのだが、東京-大阪間くらいの移動であれば、普通の機体であれば何でもいいともいえる。
 例の787の問題で、予約していた便が欠航になってしまった。ANAから会社に電話がかかってきて、そのことを知った。予約時に連絡先を入力するが、その連絡先に電話がかかってきたのは初めてである。
 B787は整備不良で遅れたりすることが多い、という印象についても以前書いたことがある。この時は、単に整備する人が新しい機体に慣れていないことが原因と思っていた。今回の一連の事故もそのあたりが原因かと思っていたら、バッテリー周りということで設計ミスの可能性もある。
 何にせよ、安全第一なので欠航はやむを得ない。ANAはB787を大量導入しているので大変だろう。欠航するという電話連絡だけでも結構な費用だ。東京-大阪間は新幹線という代替手段があるので、欠航の候補になりやすいだろう。予約をする時には、B787の便は避けないといけない。

« プログラムマネジメントという考え方 | トップページ | 単身赴任の不便さ:何でも2つ揃えるわけにはいかない »

東京と大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/56575541

この記事へのトラックバック一覧です: 予約していた東京-大阪便が欠航になってしまった:

« プログラムマネジメントという考え方 | トップページ | 単身赴任の不便さ:何でも2つ揃えるわけにはいかない »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ