« 品質だけでは売れない:でも品質が悪いと売れないだろう | トップページ | そろそろスーパーボウルだ:今年は初心者向けの本を読んでみた »

2013年1月24日 (木)

品質へのこだわりと経験知:結局はいい仕事をやりたい気持ちから生まれる

 前回、品質だけでは売れない:でも品質が悪いと売れないだろうということを書いた。前々回は、現場のカンと経験知ということを書いた。扱った題材は違うのだが、結局は同じ事を書いている。
 それは、いい仕事をしたい、ということである。いい仕事とは何か?私は2つの側面があると思っている。自分にとっていい仕事と、社会にとっていい仕事である。技術者の仕事は、何らかの形で世の中の役にたつ技術を開発することである。自分が楽しいことも重要だが、それだけでは意味がない。
 そういう価値観を持っているからこそ、技術者は品質にこだわるのである。そういう価値観を持っているからこそ、自分の仕事に誇りを持って取り組むから経験知が蓄積されるのだ。
 その技術者が仕事に向かう姿勢を理解できない経営者や官僚、評論家は論外である。技術者からその価値観を取り去ったら、それは技術者ではない。

« 品質だけでは売れない:でも品質が悪いと売れないだろう | トップページ | そろそろスーパーボウルだ:今年は初心者向けの本を読んでみた »

スキル」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/56607255

この記事へのトラックバック一覧です: 品質へのこだわりと経験知:結局はいい仕事をやりたい気持ちから生まれる:

« 品質だけでは売れない:でも品質が悪いと売れないだろう | トップページ | そろそろスーパーボウルだ:今年は初心者向けの本を読んでみた »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ