« スーパーボウルの録画をリアルタイムで観ることが出来た | トップページ | 雪が積もらないで本当によかった »

2013年2月 5日 (火)

携帯電話が空港のセキュリティゲートにひっかからなかったのでびっくり

 東京と大阪の移動に飛行機を愛用しているというのは何度も書いてきた。でも、乗り物というのは奥が深いのか、何度乗ってもいろいろと新しい経験をさせてくれる。つい最近では、B787の欠陥の影響で、予約していた便が欠航になったという経験もした。
 先日のことである。さすがに何度も飛行機には乗り慣れているので、セキュリティゲートを通る時の用意も手慣れたモノである。ペットボトルとかもカバンから出しておかないとひっかかるし、当然ポケットの中の金属ものも出しておかなければいけない。だが、先日は何を思ったのか、携帯電話をポケットの中に入れたまま、かごに出すのを忘れて、ポケットに携帯電話を入れたままセキュリティゲートを通ってしまった。ところが、何も警報が出なかったのである。通り終わってから、ポケットに携帯電話を入れたままセキュリティゲートを通ってしまったことに気づいた。
 こんなこともあるものだ。たまにベルトのバックルとかでひっかかっている人もいる。私のベルトは大丈夫なのだが、iPodはひっかかったことがある。まさか携帯電話がそのまま通過できるとは思ってもいなかった。
 あのゲートは、どの程度の金属がひっかかるようになっているのだろうか?

« スーパーボウルの録画をリアルタイムで観ることが出来た | トップページ | 雪が積もらないで本当によかった »

東京と大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/56704466

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話が空港のセキュリティゲートにひっかからなかったのでびっくり:

« スーパーボウルの録画をリアルタイムで観ることが出来た | トップページ | 雪が積もらないで本当によかった »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ