« スマホのOS合戦:オープンソフトの潮流がどこまで進むのか | トップページ | 引きこもりの条件:エアコン »

2013年3月11日 (月)

Firefoxが本当に製品化されるとは・・・

 スマホ用のオープンソフトOSが開発中ということで驚いているという話を前回書いた。このあたりのことは、IT業界で大きな話題の一つのようで、ITproがiOS/Androidスマホ2強時代の終焉かという刺激的な題名をつけた連載を始めた。
 まず頭一つ抜けているのがFirefoxで、KDDIが製品化を予定しているという報道もあった。
 私自身はスマホユーザーではないが、この技術競争は興味がある。というのは、iOSはアップル社、Androidはグーグル社と、いづれも巨大な会社が、自分たちのプラットフォーム戦略を推し進めるために推進してきたOSである。一方、第3極は、企業連合である、もちろん、主要メンバーはいるとはいうものの、その技術を独占しているわけではない。
 そもそもが、アップル社やグーグル社のプラットフォーム戦略が気に入らないことから第3極を作ったのだろうから、新たなプラットフォーム独占を狙うWindowsPhoneのような技術は対象にすらならない、ということであろう。
 ただ、iOSにしろ、Androidにせよ、ユーザーから見て魅力のない製品ではない。第3極のOSがユーザーにとって魅力が大きいわけでもない。何となく、ユーザー視点というよりは、アップル社とグーグル社に対する反感が正面に出ているような気がする。こうしたOSが本当にスマホ2強時代の終焉のトリガになるのかは、少し疑問だ。

« スマホのOS合戦:オープンソフトの潮流がどこまで進むのか | トップページ | 引きこもりの条件:エアコン »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/56936022

この記事へのトラックバック一覧です: Firefoxが本当に製品化されるとは・・・:

« スマホのOS合戦:オープンソフトの潮流がどこまで進むのか | トップページ | 引きこもりの条件:エアコン »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ