« SPring-8とスーパーコンピュータを活用するタイヤ開発 | トップページ | 花粉症のシーズン到来:予防のためのマスクはすぐ忘れる »

2013年3月 2日 (土)

王羲之展へ行ってきました:人の多さにびっくり

 東京国立博物館で開催されていた王羲之展へ行ってきた。別に書に興味があるわけではないので、美術館で開催されていたら行くことはなかったであろう。ただ、国立博物館での開催なので、芸術面としての書だけでなく違う切り口もあるに違いないと思ったのである。
 隷書から楷書へ、楷書から草書・行書への移行。楷書の進化の過程。拓本と模本。など、王羲之の書だけでなく、いろいろな観点での展示があって、私のように書そのものの芸術性を理解できない人間にも興味深い展示にしあがっていた。
 ただ、びっくりしたのは入場者の多さである。会期終了間際なので、入場者が多いのは容易に推測できたが、これほど多いとは思わなかった。扱っているのが書なので、絵画や彫刻と違ってそんなに人気があるとは思えなかったからだ。王羲之の知名度のおかげかもしれない。もっと人が少なくて、ゆっくり展示を見れると思っていたのだが。

« SPring-8とスーパーコンピュータを活用するタイヤ開発 | トップページ | 花粉症のシーズン到来:予防のためのマスクはすぐ忘れる »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/56869550

この記事へのトラックバック一覧です: 王羲之展へ行ってきました:人の多さにびっくり:

« SPring-8とスーパーコンピュータを活用するタイヤ開発 | トップページ | 花粉症のシーズン到来:予防のためのマスクはすぐ忘れる »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ