« 銃・病原菌・鉄:スケールの大きい本 | トップページ | QualcommがWindowsRTのチップを作っているとは知らなかった »

2013年4月 8日 (月)

ARM以外のアーキテクチャが出てきているとは

 前にも書いたが、組み込みCPUの世界は、ARMアーキテクチャがデファクトである。でも、このデファクトの世界に挑もうとしている会社があるという。
 ARMの競合にImagination Technologiesが浮上という記事にはびっくりした。少し引用する。

 Imagination Technologiesは2012年11月、米MIPS Technologeisを買収することでプロセッサのIPライセンスビジネスに乗り出した。これで同社のビジネスはCPUとGPUなどのIPライセンスとなり、ARMと真っ向から対抗する形になった。

 MIPSと言えば、組み込み用RISCプロセッサでARMと競合していた会社である。でも実質上、この競争からは撤退していたと思い込んでいたが、そうでもないらしい。
 CPUアーキテクチャ好きの私としては、興味津々の展開である。だが、企業の組み込み技術担当としては、全く興味がない。昔は、どのCPUアーキテクチャを選ぶかは大きな問題だった。アセンブラでソフトを書いていたからだ。でも、今や、組み込みLinux全盛時代になると、CPUのアーキテクチャはソフトウエアエンジニアからは一切見えない。Linuxさえ走ってくれれば何でもいいや、というノリである。
 半導体会社にとっては、ライセンス料、技術サポート、契約の自由度、などビジネス上では大きな違いがあるのかもしれないが、半導体ユーザーにとってどこまで重要な話かは疑問である。

« 銃・病原菌・鉄:スケールの大きい本 | トップページ | QualcommがWindowsRTのチップを作っているとは知らなかった »

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/57133453

この記事へのトラックバック一覧です: ARM以外のアーキテクチャが出てきているとは:

« 銃・病原菌・鉄:スケールの大きい本 | トップページ | QualcommがWindowsRTのチップを作っているとは知らなかった »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ