« バカよけのロジックによって利用者を本当のバカにしてしまう:ITproの記事より | トップページ | 夜便の飛行機のマナーの悪さ »

2013年4月19日 (金)

携帯端末にNFCのリーダー/ライターが入ることで応用が進化する

 私は技術者としてNFCに興味を持っていて、NFC技術の最近の応用の多彩さに感心している、という話は前にも書いた。
 NFCがもたらす主従逆転という記事は、NFC技術のますますの広がりを感じさせてくれる記事である。
 日本の「おサイフケータイ」は、カードの機能を携帯電話に仕込んだものであった。Edyなどのカードの機能をそのまま携帯電話へ入れただけである。ところが、NFCでは、スマートフォンやタブレット端末などの携帯端末がリーダー/ライター(R/W)機能を備えるようになるという。確かに技術的には言われてみればそうである。
 つまり、POS端末の機能をスマートフォンやタブレット端末などに内蔵できるということである。これを同記事では主従が逆転すると表現している。少し引用する。

 これまでのNFC対応の携帯電話機はICカードの代わりとして多用されてきたが、高価なNFCのリーダー/ライター(R/W)が必須で用途が限られていた。一方、スマートフォンにNFCのR/W機能が搭載されれば、安価なタグをさまざまな物品や機器で利用できる。この用途拡大により、NFCを活用したアプリの開発者も増え、NFC市場はさらに活況を帯びるようになる。

 この記事に書いてある主従逆転の例はそんなにすごいと思わせるような例ではない。しかし、スマホのアプリ開発者は、いろんな応用を思いつく集団である。一旦リーダー/ライター機能をアプリ開発者に公開することで、私のような古い人間には思いもつかなかったような応用を考える開発者が出てくるのではないか、と思う、本当に面白い技術だ。

« バカよけのロジックによって利用者を本当のバカにしてしまう:ITproの記事より | トップページ | 夜便の飛行機のマナーの悪さ »

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/57187122

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯端末にNFCのリーダー/ライターが入ることで応用が進化する:

« バカよけのロジックによって利用者を本当のバカにしてしまう:ITproの記事より | トップページ | 夜便の飛行機のマナーの悪さ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ