« 単身赴任の冷蔵庫事情:長期休暇前後の食材調整 | トップページ | 北インド料理と南インド料理 »

2013年4月26日 (金)

なんばグランド花月へ行ってきました:やはり漫才はライブが面白い

 先日、なんばグランド花月へ行ってきた。花月は、梅田花月があった時以来で、たぶん20年以上前に行ったきりである。
 まあ、賑やかな場所で、いろんなものも売られていて、商魂たくましいという感じである。ただ、中に入って、飲料を買ったが適正価格で、これには感心した。
 少し席は狭い。漫才と新喜劇をあわせて3時間ほど座るには少し窮屈な感じである。昔の梅田花月では、出演者の名前は、古くからある出演者の名前を紙に書くいわゆる「めくり」だったが、今では派手なディスプレイになっている。
 漫才は、中川家を初めてライブで観ることができてよかった。吉本は落語もあって、文珍が出てきたので何をやるのかと思ったら、ネットを題材にした落語(というか漫談)で、他の漫才ネタよりも実はこのネタが一番おもしろかった。
 それなりの入場料を払う必要があるが、それだけの価値はあり、満足であった。

« 単身赴任の冷蔵庫事情:長期休暇前後の食材調整 | トップページ | 北インド料理と南インド料理 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 単身赴任の冷蔵庫事情:長期休暇前後の食材調整 | トップページ | 北インド料理と南インド料理 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ