« ARM以外のアーキテクチャが出てきているとは | トップページ | 息子に買い与えたノートPC:3kgもあると持ち歩けないだろう »

2013年4月 9日 (火)

QualcommがWindowsRTのチップを作っているとは知らなかった

 なんだか最近CPUに関して本当に何も知らない状況が続いている。Intel vs. Qualcommという極めて刺激的な題名の記事で、QualcommがWindowsRTのチップを作っていることを初めて知った。
 Qualcomm社というのは、CDMAに関する知財を有し、この知財力を背景に携帯電話関係のチップの最大手として君臨している会社というイメージを持っている。なので、WindowsRTでマイクロソフト社と組んでいるとは思いもうよらなかった。
 WindowsRT用のCPUということはARMコアだろう。Qualcomm社はファブレスで有名な会社なので、ARM社からARMコアのライセンスを購入し、自社チップを設計し、ファブに半導体を作らせt売っているわけである。なんか、日本のメーカーにつとめている目から見ると、極めて知的生産性の高い会社だとうらやましくなる。日本企業はどうしてもメーカー=製造業ということにこだわりすぎである。私自身はメーカーの技術者であることになじんでいるが、日本にもQualcomm社のような知的生産で稼ぐ会社が出てこないかなあ、とも思う。

« ARM以外のアーキテクチャが出てきているとは | トップページ | 息子に買い与えたノートPC:3kgもあると持ち歩けないだろう »

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/57139791

この記事へのトラックバック一覧です: QualcommがWindowsRTのチップを作っているとは知らなかった:

« ARM以外のアーキテクチャが出てきているとは | トップページ | 息子に買い与えたノートPC:3kgもあると持ち歩けないだろう »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ