« ASICの代替需要:ディスコン対策はどこも大変 | トップページ | 医薬分業は何かメリットがあったのだろうか?:1回の診察で2回待たされるだけのように思える »

2013年5月22日 (水)

ビッグデータは99%失敗する:私もそう思う

 ビッグデータといういかにも怪しげなバズワードについて思うことを以前書いたことがある。何かデータを集めれば、何か出てくると思っている。そんなことでは、何も出ない、という感想である。
 ビッグデータは99%失敗するという過激な記事があって、本当にその通りだと思った。少し引用する。

  ビッグデータ活用とBIの違いでよく言われることは、扱うデータの量と質。BIの場合、従来の基幹系システムで管理しているデータの分析が中心だった。一方、ビッグデータ活用では顧客の行動履歴、そして“つぶやき”のような非構造化データなども分析対象とする。
 その通りなのだが、これはどちらかと言うと枝葉末節の話。分析の対象となるデータが、文字通りビッグになったにすぎない。何のために分析し、分析結果をどう活用するのかという視点がなければ、単なる粗大ゴミである。

 もうこの部分だけで、結論は出たようなものだ。今、ビッグデータという粗大ゴミを各社で集めているのである。でも会社という組織は流行に弱い。とりあえずデータを集めるというのは駄目だ、と言っても誰も聞いてくれない。どんどん粗大ゴミが貯まっている。まあ、リアル世界の粗大ゴミとは異なって、ゴミだと判明した時点で、捨てるのは簡単なので、目くじらたてて反対することもないのかもしれない。

« ASICの代替需要:ディスコン対策はどこも大変 | トップページ | 医薬分業は何かメリットがあったのだろうか?:1回の診察で2回待たされるだけのように思える »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/57431751

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグデータは99%失敗する:私もそう思う:

« ASICの代替需要:ディスコン対策はどこも大変 | トップページ | 医薬分業は何かメリットがあったのだろうか?:1回の診察で2回待たされるだけのように思える »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ