« いよいよ暑い季節の到来か | トップページ | 標的型攻撃の攻撃者の特定サービス »

2013年5月13日 (月)

ツメの折れないLANケーブル:ケーブルを煩雑に抜き差しする用途にはぴったり

 LANケーブルのコネクタRJ45はよくできている。簡単に抜き差しできるし、ラッチ機構もある。でも大きな欠陥があって、ツメが折れやすいのである。ツメが折れると、ラッチ機構が働かないのでケーブルがはずれて通信に障害がある。特に、開発で使う実験用のLANケーブルは、煩雑に抜き差しするは、使った後に箱に放り込んだりするはで、ツメがよく折れる。
 課題があるところに解決策あり、で、iBUFFALO ツメの折れないLANケーブルという製品があることをつい最近知った。ツメの材質が特許で、180度曲げても折れないのだという。これは便利である。そんなに高価なモノでもない。
 実験での利用はともかく、ノートPCを持ち歩いてLANに接続するというのが、最もLANケーブルの抜き差しの激しい使い方であろう。日に何回もケーブルを抜き差しした経験のある人は、前からこうしたケーブルが欲しかったに違いない。でも、今現在、こうしたケーブルにどんな存在価値があるかというと少し微妙である。ノートPCはほとんどが無線LAN対応だからだ。昔は、PCMCIAカードとかUSBアダプタをつけていたが、今ではノートPCで無線LANを内蔵していない機種はない。ツメの折れないLANケーブルが脚光を浴びる前に、世の中は無線化してしまったのだろう。
 でも、開発の現場では、LANケーブルは必須なので、今後買うLANケーブルはこれにしよう。

« いよいよ暑い季節の到来か | トップページ | 標的型攻撃の攻撃者の特定サービス »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

開発業務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/57377228

この記事へのトラックバック一覧です: ツメの折れないLANケーブル:ケーブルを煩雑に抜き差しする用途にはぴったり:

« いよいよ暑い季節の到来か | トップページ | 標的型攻撃の攻撃者の特定サービス »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ