« リバイバルの多さ:中高年にはうれしいが | トップページ | ASICの代替需要:ディスコン対策はどこも大変 »

2013年5月20日 (月)

ルネサス社の品番集約による影響

 ルネサス社の経営危機にともなって、製品の品番集約が始まっている。いろんな品番を集約しているのである。採算の悪い部品はディスコンにするというのが定番であるが、ユーザー企業にとってはたまったものではない。
 日本の会社は、ある部品をディスコンにすると言っても、その部品の新規採用はお断りだが、既存の顧客に関しては、かなりの期間、供給をしてくれていた。ユーザー企業もその間に設計変更をするか、その部品を使った製品をディスコンにするかというような時間が稼げた。
 でも、今回の品番集約は、かなり大がかりで、かつ急なことのようだ。かなり影響を受けるところがあるのではないか。あまりに種類が多いと、大変なことになりそうである。

« リバイバルの多さ:中高年にはうれしいが | トップページ | ASICの代替需要:ディスコン対策はどこも大変 »

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/57425506

この記事へのトラックバック一覧です: ルネサス社の品番集約による影響:

« リバイバルの多さ:中高年にはうれしいが | トップページ | ASICの代替需要:ディスコン対策はどこも大変 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ