« ツメの折れないLANケーブル:ケーブルを煩雑に抜き差しする用途にはぴったり | トップページ | 自動車よ、お前もか:あちらでもこちらでもセキュリティ対策 »

2013年5月14日 (火)

標的型攻撃の攻撃者の特定サービス

 前にも書いたが、標的型攻撃は防ぎきれないので出口対策が重要らしい。たぶん、その通りなのだろう。でも、攻撃される方にとってはたまったものではない。
 攻撃されないことが一番である。もう一つ思うのは、一度攻撃を許しても少なくとも同じ攻撃者からの攻撃は防ぎたい。これは、当然の発想だろう。一方的にやられ続けるのは勘弁して欲しい。
 標的型攻撃の「攻撃者」を特定するサービス、日本上陸 という記事によれば、標的型攻撃のアセスメント、インシデント対応、標的型攻撃の検知・防御のほか、攻撃者の戦術/技術や動機/目的の分析、攻撃者への“合法的”な対抗策(同社では「アクティブディフェンス」と呼んでいる)の提案・実施をやってくれるサービスらしい。こんなものが必要となる世界は嫌だが仕方ない。防犯対策でも、自衛策のために鍵をかける程度のもの、セコムのサービスを頼むものなどいろいろなメニューがある中から選べるのはいいことである。サイバー空間は、本当に一つの世界で、良いこともあるが、犯罪もある世界なのだということを感じさせられる話である。

« ツメの折れないLANケーブル:ケーブルを煩雑に抜き差しする用途にはぴったり | トップページ | 自動車よ、お前もか:あちらでもこちらでもセキュリティ対策 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/57383948

この記事へのトラックバック一覧です: 標的型攻撃の攻撃者の特定サービス:

« ツメの折れないLANケーブル:ケーブルを煩雑に抜き差しする用途にはぴったり | トップページ | 自動車よ、お前もか:あちらでもこちらでもセキュリティ対策 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ