« もう台風がやってくるとは | トップページ | B787本当に本当に大丈夫なのか??? »

2013年6月12日 (水)

B787のエンジン不具合:本当に大丈夫なのか

 B787のバッテリ問題は原因不明でありながら厳重な対策と言うことで飛行が解禁された。そのとたんに、B787、今度はエンジン不具合というニュースである。
 飛行機というのは整備に時間がかかったりして遅延することはよくあることである。しかし、B787は、その頻度が多いのではないかということを以前書いたことがある。初期の頃には、整備不良で機体ごと交代ということも経験していて、このことも以前書いたことがある。
 今度はエンジン不具合である。エンジンの不具合を示す表示が出たというだけで、本当にエンジン不具合かどうかはわかってはいないようだが。
 ANAとしては、少なくとも、安全側に倒して運航しているようであるが、そうすると今度は定時運行という部分にしわ寄せがいくのではないか?整備に時間がかかって、とか、安全確認に時間がかかって、というのでは飛行機の意味がない。安全第1であることは当然として、定時運行も頑張って欲しいものである。

« もう台風がやってくるとは | トップページ | B787本当に本当に大丈夫なのか??? »

ニュース」カテゴリの記事

東京と大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/57565082

この記事へのトラックバック一覧です: B787のエンジン不具合:本当に大丈夫なのか:

« もう台風がやってくるとは | トップページ | B787本当に本当に大丈夫なのか??? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ