« コーチングをテクニックと考えてはいけないのだろう | トップページ | 輸入品と電波法:そんなことより違法アマチュア無線を摘発して欲しい »

2013年6月27日 (木)

指導すべきところでコーチングをする愚

 前々回前回に引き続き、答えを持たない部下に「コーチング」は有害という記事を読んでの感想を述べたい。
 私は、コーチングの最大の誤解は、コーチングこそが上司と部下の最もいい関係であるかのように扱われていることだと思う。仕事にとって最も重要なことは、成果を出すことである。部下の言葉を傾聴して成長をうながすことではない。長期的に企業で成果を出すためには、個々人の成長が必要だ。でもその成長はあくまで仕事の成果につながってこそ意味がある。
 仕事の経験の浅い部下には、言うべき言葉がないことがある。そんな時に、キーチングの一環で傾聴されたって、部下の方だって何も話はできない。こんな部下に対しては指導すべきである。問題を起こしてしまった部下に対しては、まず怒鳴りつけることである。
 とは言え、世の中には、一方的に怒るだけの上司もいる。毎朝、部下を大声でしかりつけている上司もいて、周りはパワハラじゃないかと思っている場合も少なくない。こうした上司は是非ともコーチングの研修を受けて、少しでも部下の言うことを聞くことを学ぶべきだろう。
 でも、最も重要なのは、仕事で成果の出せる人材として部下を育成するという目標だろう。そう思う。

« コーチングをテクニックと考えてはいけないのだろう | トップページ | 輸入品と電波法:そんなことより違法アマチュア無線を摘発して欲しい »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指導すべきところでコーチングをする愚:

« コーチングをテクニックと考えてはいけないのだろう | トップページ | 輸入品と電波法:そんなことより違法アマチュア無線を摘発して欲しい »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ