« うかつにもモノレールで寝込んでしまった | トップページ | スマホでのエアコンの遠隔操作の解禁 »

2013年6月 9日 (日)

メーカーの平均賞与はUPしているらいいが-とりのこされている電機系

 トヨタなどの自動車メーカーは円安で潤っていて、その業績好調分を夏の賞与や株主への配当へ還元するという。いい話であるとともに、うらやましい話である。
 メーカーと言っても、電機系ではそんな話は聞かない。そもそも円安での恩恵が自動車と電機とでは全く状況が異なるのだろう。自動車は昔も今も輸出で儲けている。でも、電機系はいつの間にか、輸出ではサムソンなどに抜かれて、そんなに輸出していない。その一方でコスト削減ということで、生産は海外になっているので、唯一の市場である国内では、円安は原価が上がるだけになってしまっている。
 円安基調を素直に喜べる企業はグローバル企業だろう。経営陣がグローバル化しているかどうかなど二の次で、グローバルでビジネスしているのかどうかの方がよほど重要なのだと思う。

« うかつにもモノレールで寝込んでしまった | トップページ | スマホでのエアコンの遠隔操作の解禁 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/57553580

この記事へのトラックバック一覧です: メーカーの平均賞与はUPしているらいいが-とりのこされている電機系:

« うかつにもモノレールで寝込んでしまった | トップページ | スマホでのエアコンの遠隔操作の解禁 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ