« LSIメーカーが頂点になる戦略:日経ビジネス7/22号より | トップページ | 心の疲れをとる技術:心の疲れに関してよくわかった本 »

2013年7月27日 (土)

ラーメンにみる日本とフランスの違い:なりたけパリ店の記事より

 日本人の一人としてラーメンが好きである。私が若い頃に比べて、ラーメンの味は格段に進歩している。なので、いろんなラーメン屋を食べ歩かなくても、手頃な場所にあるラーメン屋で十分満足できている。
 自宅がある千葉で好きなラーメン屋は「なりたけ」である。年に2~3回は食べに行く。単身赴任の身で、そんなに自宅にいないことを考えると、この年2~3回というのは私にとってはかなりの頻度だ。
 以前食べに行ったときに、このなりたけにパリ店ができたのを知った。ちょっと気になって調べてみたら、面白い記事があった。少し引用する。

最も大きな違いは、スープと麺のどちらをメインに考えているかという点です。日本のお客様の場合、スープは残しても麺は完食されますが、フランスの場合、麺は残してもスープは飲み干されます。

 確かに大きな違いだ。そもそも中年は、塩分を控えめにするために、ラーメンのスープは残しましょう、というようなことをよく聞く。麺は食べるが、スープは残すものだと思っていた。でも、文化が違うと、その逆もあるのである。ラーメン一つとっても、こういう違いがあるのだ。お互いに何が違うのかということを知るだけでもかなり時間がかかるのだろうと、つくづく思う。

« LSIメーカーが頂点になる戦略:日経ビジネス7/22号より | トップページ | 心の疲れをとる技術:心の疲れに関してよくわかった本 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/57871778

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメンにみる日本とフランスの違い:なりたけパリ店の記事より:

« LSIメーカーが頂点になる戦略:日経ビジネス7/22号より | トップページ | 心の疲れをとる技術:心の疲れに関してよくわかった本 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ