« ラーメンにみる日本とフランスの違い:なりたけパリ店の記事より | トップページ | 夏バテでへとへと »

2013年7月28日 (日)

心の疲れをとる技術:心の疲れに関してよくわかった本

 心も疲れる。メンタルヘルスということが言われてからかなりの年月がたつ。私もいくつかのメンタルヘルスの本を読んだが、鬱に関しては迷わず精神科へ行けとか、そういう心の病気にかかってしまった場合の本が多かった。それはそれで重要であるが、一般のサラリーマンにとって重要なのは、そういった病気になるまでに予防する技術である。
 メンタルヘルスの予防としての本を探していたのだが、やっと自分にしっくりする本に出会った。自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術である。心の病気になる前に、いかにして心の疲れをとるかということについて、具体的に述べられている。心に関する本はえてして心の持ちようとか、ポジティブシンキングに偏りがちである。
 しかし、ここで述べられているのは、知らず知らずのうちに、ムリを重ねてしまう連鎖のメカニズムである。自分にも、自分の周囲にも見当たる風景だ。そんな中で、いかにして疲れをとるかという具体的なアドバイスは、当たり前のことなのだが、あらためてその当たり前のことの重要性を気づかせてくれる。

« ラーメンにみる日本とフランスの違い:なりたけパリ店の記事より | トップページ | 夏バテでへとへと »

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/57878353

この記事へのトラックバック一覧です: 心の疲れをとる技術:心の疲れに関してよくわかった本:

« ラーメンにみる日本とフランスの違い:なりたけパリ店の記事より | トップページ | 夏バテでへとへと »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ