« 600℃で使うセンサの信号はどう読み出すか-センシングだけでなく信号読み出しも難題とは | トップページ | LSIメーカーの頂点戦略-よく考えるとインテルが昔からやっていたことだ »

2013年8月 7日 (水)

Ethernetが40周年らしい

 Ethernetが今年で40周年らしい。Ethernetは40周年、では次のネット技術は?という記事によると、Ethernetの父と呼ばれるBob Metcalfe氏は健在で、40周年記念の講演をやったそうだ。氏もここまでネットワークが普及することは予想していなかったのではないかと思う。
 私が初めて仕事でネットワークに関わったのは10BASE-Tの規格がドラフトだったころである。20年以上も前の話だ。そのころ10Mbpsの伝送速度だったが、今ではPCの標準でついているEtherのポートは1Gbpsが普通である。最先端では、400Gbpsまでに拡大する取り組みが正式に動き出したそうだ。さすがに、ここまでの伝送速度を一般ユーザーは必要としないだろうが、それにしても驚くべき技術の進化である。

« 600℃で使うセンサの信号はどう読み出すか-センシングだけでなく信号読み出しも難題とは | トップページ | LSIメーカーの頂点戦略-よく考えるとインテルが昔からやっていたことだ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/57946227

この記事へのトラックバック一覧です: Ethernetが40周年らしい:

« 600℃で使うセンサの信号はどう読み出すか-センシングだけでなく信号読み出しも難題とは | トップページ | LSIメーカーの頂点戦略-よく考えるとインテルが昔からやっていたことだ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ