« 用途開発という面白さ:消えるボールペンと漫画家 | トップページ | 寒冷地で使用できる電池:日本のメーカーはこういう改良を続けて欲しい »

2013年8月26日 (月)

ネットにおけるGoogleの影響のすごさ

 グーグル:約2分の停止で、世界のトラフィックが40%減少!という記事はネットにおけるGoogleの影響のすごさが端的にわかる話である。
 たぶん、ネットアクセスの大部分の行動が、Googleで検索して、そこから各ページへ飛ぶということになっているので、その最初のきっかけであるGoogleのサービスが止まると、たった2分止まるだけで、ネットのアクセスが40%も減るということになるのだろう。
 ちなみに、私のこのブログの過去4ヶ月のブログに関して、Niftyが提供しているアクセス解析を見ると、Googleから来ているのは4.5%のようである。Googleで「組み込み技術者」というキーワードで検索してみると、このブログが31番目(4ページ目)に出てきた。その時にヒットしたページは、前回の記事なので、こんなに早く巡回いていた結果を反映していうのだろうか、と少し驚きである。このブログのような、つまらないブログまで巡回して、検索結果として出してくれるという意味では、Googleというのはすごいサービスである。

« 用途開発という面白さ:消えるボールペンと漫画家 | トップページ | 寒冷地で使用できる電池:日本のメーカーはこういう改良を続けて欲しい »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/58070998

この記事へのトラックバック一覧です: ネットにおけるGoogleの影響のすごさ:

« 用途開発という面白さ:消えるボールペンと漫画家 | トップページ | 寒冷地で使用できる電池:日本のメーカーはこういう改良を続けて欲しい »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ