« 情報処理学会誌が星雲賞を受賞:星雲賞ってSFの賞じゃかなったっけ?? | トップページ | コンピュータ将棋の解説:情報処理9月号より »

2013年8月21日 (水)

ソフトウエア工学の共通問題:情報処理9月号より

 前回に引き続き、情報処理2013年09月号の特集記事に関する感想を書く。
 ソフトウエア工学の共通問題、という特集記事である。共通問題という言葉が少し耳慣れない。これは、ソフトウエア工学おいて、設計技法の比較のための共通問題として、1984年の情報処理誌の特集で酒屋問題というのが紹介されたことがそもそもの始まりであるという。1984年というと、私は既に情報処理学会に入っていたが、全く記憶がない。この学会誌の後でも、何度もこの酒屋問題が繰り返し共通問題として取り上げられてきたらしいが、これも全く記憶にない。
 たぶん、若い頃は、設計技法そのものにあまり興味がなかったこと、実務として組み込み技術屋になったがために、酒屋問題という問題そのものに興味を持てなかったということが原因であろう。さらに、ソフトウエア工学を学問たらしめるために、何らかの共通問題を必要とするということも理解できなかったからに違いない。
 ソフトウエア工学というのは、オートマトンとか符号理論とかのように理論的なものもあるが、設計技法のように実務で使わないと意味がないというようなものも多い。後者は、新しい手法の優位性を示すためには、実際にその手法を適用する問題を常に必要とする。学問として積み上げるためには共通問題というものが必要となる。良い共通問題を提示するということは、ソフトウエア工学の発展のためには極めて重要なことなのだろうし、実務で使う上でも、ある共通問題の上で技法がベンチマーキングされていることは非常に意義のあることである。組み込みソフトウエアの共通問題についても取り上げられている。
 この特集だけを読める別刷り情報処理2013年9月号別刷「《特集》ソフトウェア工学の共通問題」もあるようなので、読んでみると面白いと思う。

« 情報処理学会誌が星雲賞を受賞:星雲賞ってSFの賞じゃかなったっけ?? | トップページ | コンピュータ将棋の解説:情報処理9月号より »

技術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

組み込み技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/58037179

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトウエア工学の共通問題:情報処理9月号より:

« 情報処理学会誌が星雲賞を受賞:星雲賞ってSFの賞じゃかなったっけ?? | トップページ | コンピュータ将棋の解説:情報処理9月号より »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ