« 8月に内っているのに、まだ東京と大阪とで最高温度に違いがある | トップページ | 600℃で使うセンサの信号はどう読み出すか-センシングだけでなく信号読み出しも難題とは »

2013年8月 5日 (月)

スーパーコンピュータTSUBAME2.5-単精度計算の挑戦

 東工大がスパコン増強、「TSUBAME2.5」で単精度17ペタフロップス実現というニュースを読んで、少し感心した。2.5というバージョン番号からわかるように、3.0を目指す途中で性能アップさせたのである。その時に着目したのが単精度計算の速度である。
 通常スーパーコンピュータの世界では、浮動小数点演算の速度を競う。FLOPSという単位である。だが、全ての科学計算で浮動小数点が必要なわけではない。単精度とか倍精度の固定小数点演算で十分な計算も多い。その性能を向上させようというわけである。
 以前書いたことがあるが、東工大の学園祭で、スーパーコンピュータTSUBAMEが公開されるというので、見に行ったことがある。事務所を改造した部屋に設置された実用本位のスーパーコンピュータだった。京の技術も素直に感心するが、こうしたTSUBAMEのような実用本位の設計にも感心する。その進化型として、単精度計算という、あまり世間が注目しないが実用的には重要なところに目をつけて性能向上したところが、またもや実用本位で、好感が持てる。今後も、息長く開発を続けて欲しいものだ。

« 8月に内っているのに、まだ東京と大阪とで最高温度に違いがある | トップページ | 600℃で使うセンサの信号はどう読み出すか-センシングだけでなく信号読み出しも難題とは »

ニュース」カテゴリの記事

技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/57934267

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーコンピュータTSUBAME2.5-単精度計算の挑戦:

« 8月に内っているのに、まだ東京と大阪とで最高温度に違いがある | トップページ | 600℃で使うセンサの信号はどう読み出すか-センシングだけでなく信号読み出しも難題とは »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ