« 無料のレンタルサーバー | トップページ | 初めて知った「生活機能構成学」という言葉 »

2013年9月 4日 (水)

本当にGoogleがネットの入り口であることを実感

 海外旅行右往左往というホームページを公開するのに、無料のレンタルサーバーを使った、という話は前回書いた。
 どこのレンタルサーバーを使おうかと調べているときに気づいたのが、ドメイン名をどうするか、という話である。自分でドメイン名を取得するか否かが選択肢の一つなのである。そういえば、一時、ドメイン名取得競争のような話がニュースになる時代があった。URLを入力していた時代である。
 ところが、今では、URLを自分で入力することはなくなってしまった。一旦、Googleで調べてから、各サイトに行くのである。これが習慣化してから、そのサイトのドメイン名を見ることはほとんどなくなっている。ただ、ある企業のサイトを見ようとしてGoolgeで検索しても、そのトップに、その企業の公式ホームページが出てくるとは限らないので、どれが公式サイトを知るためには、そのドメイン名が企業名と同じかというのを見るという方法で見分けているので、その時だけは気にしている。でも、普通に使う限りでは、あまり関係なくなってしまった。
 Googleが少し停止しただけで、ネットのトラヒックが激減した、という話も以前書いたが、昔重要だったドメイン名が、あまり重要ではなくなっている、ということでもGoogleがネットの入り口であることを実感させられる。

« 無料のレンタルサーバー | トップページ | 初めて知った「生活機能構成学」という言葉 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/58128067

この記事へのトラックバック一覧です: 本当にGoogleがネットの入り口であることを実感:

« 無料のレンタルサーバー | トップページ | 初めて知った「生活機能構成学」という言葉 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ