« 台風であまり停電しなくなったのはいつからだろう? | トップページ | スーパークリエータのすごさ(続き):情報処理10月号より »

2013年9月17日 (火)

スーパークリエータのすごさ:情報処理10月号より

 情報処理2013年10月号の「未踏の第19期スーパークリエータたち」という9ページほどの記事を読んで本当にびっくりした。どのスーパークリエータも、スーパークリエータの名前に恥じない素晴らしい創造性を発揮した成果をあげているのである。まず、課題そのものが独創的である。しかも、それをきっちりとソフトウエアに仕上げている。独創的な課題設定、それを解決するための技術力のどちらも持っているというしかない。
 たとえば、びっくりしたのは、「アニメーションのこだわりを簡単に実現する」という例だ。3次元モデルでアニメを作るときに、セルアニメのこだわりが再現できないことがある。たとえば、髪の長い女性が、前を向いても横を向いても、ちゃんと目が見えるように髪の毛がどいてくれる、というのがこだわりらしい。こうしたいくつかのこだわりが、3次元モデルでアニメを作るときには再現できない。これを簡単に再現できるようにしようというのが課題設定だ。これだけでも十分独創的だが、この解決手段がすごい。見る方向によって物理演算の内容が変化する「物理エンジン」を提供することで実現しようというのだ。
 3次元モデルは、物理現象をシミュレーションすることで、実世界をシミュレーションする。でも映像で見たいのはそんなものではない。この「物理エンジン」は、アニメ以外にも応用がききそうだ。
 こうした例が次々登場するので、あっという間に9ページの記事を読んでしまった。

« 台風であまり停電しなくなったのはいつからだろう? | トップページ | スーパークリエータのすごさ(続き):情報処理10月号より »

技術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/58214759

この記事へのトラックバック一覧です: スーパークリエータのすごさ:情報処理10月号より:

« 台風であまり停電しなくなったのはいつからだろう? | トップページ | スーパークリエータのすごさ(続き):情報処理10月号より »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ