« スペクトラム拡散でEMIを低減-通信への応用だけではないんだ・・・ | トップページ | 楽天の優勝セール »

2013年9月28日 (土)

地方空港の国際線

 日帰り出張で出雲空港へ行ったという話は以前書いた。この空港には現在JAL系しか乗り入れていないのだが、意外に多くの便が飛んでいる。伊丹便はプロペラ機しか飛んでいないが、羽田便はジェット機も飛んでいるようだ。電車の便の少ないので、飛行機が便利なのだろう。
 出雲空港でびっくりしたのは、国際線の乗り場があったことだ。距離的には伊丹は近いが伊丹は海外便が飛んでいなので、羽田経由になる。でも羽田からの海外便も数は少ない。伊丹から関空、羽田から成田への移動は大変なので、国際便は必要なのだろ。韓国経由で他の国へ行くというのは、新聞などで読んでいて知っていたが、国内線の数もそんなにない地方空港に国際線の乗り場があるのを見て、本当にそうなのだ、ということを実感した。
 東京圏内、大阪圏内に住んでいる場合、国際線と国内線とが別の空港でも、それほど不便ではない。行く空港が違うだけだからだ。でも、そうでないと大変であるということが、よくわかった。

« スペクトラム拡散でEMIを低減-通信への応用だけではないんだ・・・ | トップページ | 楽天の優勝セール »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/58279743

この記事へのトラックバック一覧です: 地方空港の国際線:

« スペクトラム拡散でEMIを低減-通信への応用だけではないんだ・・・ | トップページ | 楽天の優勝セール »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ