« 失敗から学ぶための質問は「Why」ではなく「How」:日経ビジネスオンラインの記事より | トップページ | 日本のイタリア料理店はおいしい »

2013年9月20日 (金)

心の疲れをとる技術:子供の心の強さ

 以前自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術という本が、自分に一番しっくりきた、という話を書いたことがある。
 この本で、いろんなことを学んだ。その一つは、「子供の心の強さ」ということだ。
 心の強さには「子供の心の強さ」と「大人の心の強さ」があるという。
 子供の心の強さの特徴は、「我慢する」「あきらめない」「全部やる」「1人でやる」「完全にやる」だ。いいことじゃないか、と普通は思う。でもこの「子供の心の強さ」が強すぎる人は、社会ではムリをためやすいらしい。
 大人の強さと対比するとよくわかる。少し引用する。

 世の中は、不公平や不平等、理不尽にあふれ、努力しても報われないことが多い。それでも、めげすに、生きていかなければならない。
 一つ一つの課題には、試験のような○×はなく、状況に応じて柔軟に考え、バランスを取っていかなければならない。特に、社会や人のために(人にあわせて)活動することと、自分のために活動することのバランスを取ることは難しく、プレッシャーのかかる作業だ。
 これらの作業をうまくこなせるのが「大人の心の強さ」。

 なるほど、心が疲れるはずである。理系の私には、今でも、「子供の心の強さ」の方に惹かれる部分がある。これこそが、ムリをためる元凶なのだろう。

« 失敗から学ぶための質問は「Why」ではなく「How」:日経ビジネスオンラインの記事より | トップページ | 日本のイタリア料理店はおいしい »

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/58214660

この記事へのトラックバック一覧です: 心の疲れをとる技術:子供の心の強さ:

« 失敗から学ぶための質問は「Why」ではなく「How」:日経ビジネスオンラインの記事より | トップページ | 日本のイタリア料理店はおいしい »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ