« スーパークリエータのすごさ:情報処理10月号より | トップページ | 失敗から学ぶための質問は「Why」ではなく「How」:日経ビジネスオンラインの記事より »

2013年9月18日 (水)

スーパークリエータのすごさ(続き):情報処理10月号より

 前回情報処理2013年10月号の「未踏の第19期スーパークリエータたち」という9ページほどの記事を読んでの感想について書いたが、もう少し感想を書いてみたい。
 「多様性と意外性を持つニュースレコメンドエンジン」というのも面白い。Gunosyというのは、ユーザのSNSのデータを分析して適切と思われる記事を推薦するサービスらしい(使ったことはない)。その推薦内容がだんだん新鮮味がなくなってきていた。そこで、多様性と意外性を持たせるにはどうすればいいかを考え、実際にGunosyというサービスで実験してみた。この中でいろいろな知見が得られているようだ。実際のサービスにインプリして、成果を出しているというところが面白い。しかも、n番目の記事は、n-1番目までの記事のクリックに依存して、クリック率が変わるという法則も発見している。こういう知見は、いろいろなところで応用がききそうである。

« スーパークリエータのすごさ:情報処理10月号より | トップページ | 失敗から学ぶための質問は「Why」ではなく「How」:日経ビジネスオンラインの記事より »

技術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568535/58220823

この記事へのトラックバック一覧です: スーパークリエータのすごさ(続き):情報処理10月号より:

« スーパークリエータのすごさ:情報処理10月号より | トップページ | 失敗から学ぶための質問は「Why」ではなく「How」:日経ビジネスオンラインの記事より »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

公告

  • Google Adsense
無料ブログはココログ